精神科病院での看護師の役割って?まわりにとってどんな存在なの?

精神科病院には、一般科の病院や病棟と同じように、看護師以外にもさまざまな職種が存在します。

その中で、看護師はどのような役割を果たすのでしょうか?

他職種にとって、あるいは患者にとって、看護師はどのような存在なのでしょうか?

実際に精神科病院で働いてみて感じた看護師の役割について、まとめてみましたので参考にしてみてください。

精神科病院での看護師の役割①患者にとっては「サポーター」

精神科病院での看護師の役割は、患者と接して援助をしていくことです。

患者と接する時間の長さは、どの職種よりも看護師がダントツ。

そんな看護師は患者にとってサポーターのようなものなのです。

看護師は、患者の考えや能力に沿って、できないことをできるように、あるいはできていることを維持または向上するために、個々に合わせた援助をしていくことになります。

精神科病院の患者さんは長く入院していることが多いため、長期間にわたってじっくりと関わりを深めていきます。

日常生活上のルールや治療上必要なことは、そういった中で学んでいくことが多いです。

関わりの中で、そのようなルールなどをなかなか覚えられなかったり、理解することができなかったりと、うまくいかないことも多々あります。

そういった紆余曲折も含めて、看護師は患者に寄り添っていくのです。

精神科病院での看護師の役割は、患者にとっては社会へ戻るための力強いサポーターと言えるでしょう。

精神科病院での看護師の役割②医師にとっては「橋渡し役」

精神科病院での看護師の役割、医師にとっては重要な橋渡し役であると言えるでしょう。

薬物治療がメインとなる精神科病院では、医師が治療を行う医療チームのリーダーである取っても過言ではありません。

そんな医師が行う薬剤調整には、看護師からの情報が必要不可欠です。

精神科疾患の治療では、他の疾患のように目安となる検査データなどが存在しません。

患者の症状を見ながら、薬の量や種類を探っていくことになります。

そういった状況で、患者の話だけを聞いていると、情報が偏ってしまいます。

患者からはわからない情報を看護師が伝えることで、薬剤調整がうまくいくということも多くあります。

精神科病院の看護師の役割は、治療にも大きな影響を与えると言っても過言ではないでしょう。

医師は患者と日常的に接しているわけではありませんから、診察時の情報だけでは不十分です。

看護師の情報提供が、患者に合った治療への橋渡しとなっていると言ってもいいかもしれません。

精神科病院での看護師の役割②他の職種にとっては「チームメイト」

精神科病院の看護師の役割は、医師以外の他の職種にとってはチームメイトのようなものであると言えます。

精神科病院に入院する患者を地域へ戻そうという動きが強まっている近年では、どうやったら患者が地域に適応できるか、生活していけるかということが患者にとって大きな課題となっています。

患者が地域へ戻れるようにするには、医師・看護師だけでなく、精神保健福祉士や臨床心理士、作業療法士などの連携が重要です。

精神科病院の看護師の役割は、そのような他職種にとって、同じ目標へ向かうチームの仲間なのです。

病院で治療を進める中では、各職種から患者へ、さまざまな角度からアプローチをしていきます。

看護師と精神保健福祉士などの他職種とでは、関わり方も違うし視点も異なります。

看護師と他の職種でうまく情報共有を行って、患者の意見や思いもうまく引き出しながら、地域へ戻るという大きな目標へ向かっていくことが、精神科では重要となります。

まとめ

精神科病院での看護師の役割について、イメージすることができたでしょうか?

看護師の仕事という点では、精神科病院も一般科の病院も基本は変わらないと思います。

しかし、退院して自宅などの地域社会へ戻ることが難しい精神科病院の場合、より試行錯誤が必要かもしれません。

精神科病院での看護師の役割について気になった方は、看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

実際に働く人が、患者や他職種とどのように関わっているのか、具体的な話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る