精神科病院で20代の看護師は活躍できる?働くメリット・デメリットは?

看護師は比較的転職が多い職種と言われています。どこでも通用する資格があるためか、20代で早々に転職する人も少なくありません。

では、20代の看護師が精神科病院に転職を考えたとき、将来のキャリアにメリットやデメリットはあるのでしょうか?

実際の現場を見て感じたことを交えながら、お話ししてみたいと思います。

精神科病院に20代の看護師は多い?

精神科病院の看護師に、20代で働いている人はそもそも多いのでしょうか。まずはその点について見てみましょう。

私が精神科病院で働いた経験から言うと、精神科には20代の看護師はあまり多くありません

看護助手や、助手から働き始めて准看護師の資格を取った人などの中には20代の人もいましたが、正看護師で20代の人は多くありませんでした。

私自身も30代になってからの転職でしたが、それでも同世代の人は多くなかった印象です。

そもそも新卒で精神科病院に就職するという人が少なく、若いうちは総合病院でキャリアを積みたいと考える人も多いです。

精神科病院の看護師に20代が少ないのは、そのことを考えると当然のことなのかもしれません。

精神科病院に看護師が20代で転職するメリットは?

精神科病院の看護師に20代は少ないという話をしましたが、それでも精神科に転職するメリットはあるのでしょうか。

まず1つメリットを挙げるとするなら、プライベートとの両立がしやすいということでしょう。

結婚して家庭を持つ人、あるいはプライベートの活動を重視したい人など、できるだけ時間外勤務は避けたいという人には、精神科病院へ転職するメリットは大きいと言えます。

また、看護の仕事は好きだけれど、総合病院などの忙しい働き方は苦手、という人にも精神科に転職するメリットはあります。

精神科病院での仕事は比較的ゆったりとしており、じっくりと仕事に取り組むことができます。

あまりの忙しさや患者と向き合えないというジレンマなどから、バーンアウトしてしまう若い看護師も少なくありません。

自分にあったペースで働ける職場であるという意味では、精神科病院へ転職するのも1つの良い選択肢です。

精神科認定看護師などの資格もありますし、若いうちに専門分野を絞ってキャリアを積むことを見据えて、転職してしまうというのもアリでしょう。

精神科病院に看護師が20代で転職するメリットをまとめると、プライベートや自分らしい働き方を大事にしつつ、早いうちから専門的なキャリアを積めるということであると言えます。

精神科病院に看護師が20代で転職するデメリットは?

精神科病院に看護師が20代で転職することについて、逆にデメリットはどういったことが挙げられるでしょうか。

先ほど、専門的なキャリアが積めるということをメリットに挙げました。

これは裏を返せば、他の分野でのキャリアを目指しにくくなるということになります。

精神科病院はその名の通り、精神疾患をメインで見るため、身体疾患のアセスメント能力がやや劣ってしまいます。

臨床の場で接することがなければ、知識やスキルがつきにくいのは事実です。

実際に、新卒からずっと精神科で働いているという人は、「他の診療科に転職しようとしたけれど、精神科での経験年数は経験として見てもらえなかった」と話していました。

それだけ、一般診療科と精神科の差は大きいのです。

精神科でずっとやっていくという意思があるなら良いのですが、そうでないなら、精神科での経験はキャリアという視点で見るとマイナスになってしまう可能性もあります。

精神科病院に看護師が20代で転職するデメリットは、看護師としてのキャリアの選択肢が狭くなってしまうということがもっとも大きいと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

精神科病院へ20代の看護師が転職することのメリットやデメリットについて、イメージすることができたでしょうか。

仕事に慣れた20代半ば頃は、今後のキャリアに悩む頃時期かもしれません。

精神科病院への転職はメリットもデメリットもありますが、精神科に関心を持っているのであれば、思い切って飛び込んでみるのもいいのではないかなと思います。

もし20代での転職に悩んでいるのなら、看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

精神科病院も含め、実際の転職例や現場で活躍している人の声なども知ることができますよ。

転職サイトランキングを見る