精神科病院は怖いって本当?実際に働く看護師がお答えします

精神科病院に関して、「精神科病院は怖いから働けない」「精神科病院の患者さんは怖い」といった考えを持っている人は少なくないのではないかと思います。

なぜ、精神科病院は怖いと思われるのでしょうか?そして、本当に精神科病院は怖いのでしょうか?

実際に精神科で働いた経験のある私が、本当に怖いのかどうかについて、お話ししたいと思います。

「精神科病院は怖い」のウソ

精神科病院は怖い、と言われることが多いですが、それはなぜなのでしょうか。

それはおそらく、患者さんが奇声を発したり、意味不明な行動をとったりすること、あるいは暴力的になる人が多いというイメージから来るものなのではないかと思います。

精神科病院の看護師として実際に働いた経験から言うと、精神科病院はそこまで怖いものではありません

たしかに、妄想や幻覚のためにこちらが理解できない言動や行動をする人はいます。感情をコントロールできずに、暴力的になる人もいます。

でも、その理由や対処方法を知っていれば、そんなに怖いとは感じません。

そもそも精神科疾患とはどのようなものなのか、なぜそういったことが起こるのか、暴力的になったときにどう対処したらいいのかを知らないから、怖いという感情が大きくなってしまうのです。

精神科病院の看護師が怖いと思われる理由は、疾患や看護に対する知識がないためにイメージが先行してしまうからだと言えるでしょう。

精神科病院で怖いと思った経験は?

精神科病院の看護師として怖いと思った経験が全くないのか、と問われると、ないわけではありません。

患者さんに叩かれたこともありますし、体格のいい男性患者さんに怒鳴られたりして、恐怖心を持ったこともあります。

一緒に働いていたスタッフの中には、怪我をした経験のある人もいました。

しかし、そういった出来事の中には、きちんと対応していれば防げたものも多くあります。

患者さんの状態をきちんと観察し、距離を置いたり複数で対応したりすれば、恐怖心を持つことも被害を受けるのを防ぐこともできるのです。

私が患者さんに叩かれたときは、まだ入職したばかりで距離の取り方を分かっておらず、患者さんに不快な思いをさせたことが要因でした。

多くの怖い思いをした経験は、振り返れば原因が私自身の対応のまずさにあった、ということが多かったのです。

精神科病院で看護師が怖い思いをしないためには、正しい対応の仕方を学び、その都度患者さんに合わせた対応を心掛けることがとても重要なのです。

精神科病院で怖い思いをしないために学ぶべきこと

精神科病院で看護師が怖い思いをしてしまうということを避けるためには、上でも述べましたが、正しい知識と対応の仕方を学ぶことが重要です。

まずは、疾患の知識を身につけること。入院患者さんに多い統合失調症をメインに、どのような症状があるのか、どんな薬が使われるのかなどを知っておく必要があります。

これらの知識があれば、患者さんの行動の理由などが見えてきて、怖さを軽減させることにつながります。

そして、患者さんごとの行動や症状の特性、これまでの病気の経過を知ることも大切です。

患者さんそれぞれの特性を知っていれば、状態が悪くなったときにどのような対応をすべきかが見えてきます。

また、何かあったときに人に頼る癖をつける、ということも気をつけておきましょう。

状態の悪い患者さんは、どのような行動をするかわかりません。また、患者さんが看護師など特定のスタッフに妄想を持ってしまい、なかなか話を聞いてくれないこともあります。

そういったときは、自分だけでなんとかしようとせず、まわりの人を頼りましょう。

複数のスタッフがいた方が、危険を防ぐことができます。

精神科病院で看護師が怖い経験をしないためには、自分の力を過信せず、そして感情的にならないように、冷静に対応することを忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

精神科病院の看護師が本当に怖いのかどうか、イメージは変わったでしょうか?

最初のうちはわからないことが多く、怖いと感じるかもしれませんが、病気と患者さんを知る努力をすれば怖さは軽減しますし、患者さんと関わることが楽しくなりますよ。

精神科病院の看護師は本当に怖いのか気になる方は、看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

実際に働く人たちがどのように思っているのか、具体的な話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る