精神科病院の看護師は50代でも転職できるって本当?

看護師の仕事は、体力を使う場面が多いこともあり、年齢を重ねると働くことが大変だと感じる人も少なくありません。

50代の看護師の場合、その傾向は他の年代よりも強くなるでしょう。

精神科病院は、そんな50代の看護師でも働きやすい職場なのでしょうか。実際に現場で働いた経験からお話ししてみたいと思います。

精神科病院は50代が活躍している

精神科病院の看護師は、50代の方が多く活躍しているというのが私の印象です。

他の職場よりも体力を消耗しないこと、余計な残業がないことなど、働きやすさから長く続けているという方が多かったです。

もちろん、入浴介助や移動介助などが必要な患者さんもいるので、多少は体力が必要ですが、それを理由に辞めたり転職したりという人はいませんでした。

夜勤もしっかりこなして、定時できっちり上がってプライベートも楽しんで、イキイキと働いていた印象です。

また、長く働いたベテランの看護師には、その落ち着いた雰囲気のためか、患者さんも安心感をもつことができているようでした。

精神科病院の看護師は50代にとって、体力的に無理なく働くことができ、患者さんにも必要とされる存在になれると言ってもいいのではないかと思います。

精神科病院は50代でも転職しやすい

精神科病院の看護師に50代で転職するとき、仕事内容や環境はもちろんですが、気になるのはやはり年齢です。

職場によっては、あまり年齢が高いと転職が難しいというところもありますので、転職するかどうか迷う人もいるでしょう。

精神科病院は、その点では比較的転職しやすいと言えるでしょう。

私が働いていた精神科病院は、50代でも転職してくる人は少なくありませんでした。

定年後に採用される人や再雇用の人もたくさんいましたから、年齢が高いことは大きな問題ではないのでしょう。

精神科病院は、体力面でも拘束時間の面でも、そこまでハードな職場ではありません。

年齢を重ねても働ける職場であると、雇用側も理解しているのだと思います。

精神科病院の看護師は50代にとって、年齢を気にせず転職することができる仕事であると考えていいと思います。

精神科病院の仕事内容は慣れやすい

精神科病院の看護師に50代で転職しようとしたとき、仕事内容に慣れることができるかどうか、というところも気になるポイントでしょう。

年齢を重ねてくると、新しいことに慣れたり、覚えたりといったことが多少難しくなってきます。

ですので、あまり専門性が高い職場や、特殊なスキルを必要とするような職場だと、仕事内容に慣れるまでに時間がかかってしまう可能性があります。

その点でも、精神科病院は比較的働きやすい職場ではないかと思います。

精神科病院では、高度なスキルは必要としません。

採血や点滴などは行う機会はありますが、その頻度は一般診療科と比べて低いです。

精神科看護のメインはコミュニケーションですが、看護師として働いてきた方なら日頃から行ってきたことですから、新たなスキルを覚えるという必要はほとんどありません。

精神科病院の看護師は50代にとって、新たに学ぶことが少ないという点で、ハードルが低い仕事と言ってもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

精神科病院に50代にとって働きやすいかどうか、イメージできたでしょうか。

精神科病院では50代の看護師もたくさん活躍していますので、その点も安心できるのではないかなと思います。

精神科病院への転職について気になった方は、看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

実際に働く50代の看護師の方の事例など、具体的な話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る