精神科病院の看護師として働くと、どんなデメリットがあるの?

転職するときに気になるポイントとして、その職場で働くデメリットの有無を見る人も少なくないのではないでしょうか。

あまり大きなデメリットがあると、働くモチベーションの低下にもつながりますので、その有無と内容は重要です。

では、精神科病院の看護師として働くとき、どのようなデメリットが考えられるのでしょうか。

実際に精神科病院の現場で働いた経験から、お話ししてみたいと思います。

精神科病院の看護師のデメリットーライフスタイル編

精神科病院の看護師のデメリット、まずはライフスタイル面です。

この点から考えると、1番大きいデメリットは夜勤があることではないでしょうか。

精神科病院で働こうと思うと、入職する人の多くは病棟に配属されますので、夜勤は避けて通ることができません。

外来なら夜勤はありませんが、人数が少なく、希望が通るかどうかは微妙です。

また、外来しか行っていないような小さな病院では、そもそも看護師を採用していないことがあります。

もちろん、育児中など家庭の事情は考慮されますし、病院によっては日勤のみの勤務形態でも採用してくれることはあります。

しかし、精神科病院の給料はそこまで良くはないので、日勤のみでは正直厳しいかな、とも感じます。

精神科病院の看護師のデメリットは、給料面も含めて考えても夜勤は避けて通れないということであると言えるでしょう。

精神科病院の看護師のデメリットーメンタル編

精神科病院の看護師のデメリット、次はメンタル面から見てみましょう。大きなデメリットとしては、患者対応に大きなストレスを感じることが挙げられます。

急変などが少ない精神科病院、なぜ忙しくなるかというと、患者対応に時間を取られるからです。

疾患の特徴でもあるのですが、自分のことしか考えることができずに、次々と要求をしてくる人もたくさんいます。

「話を聞いてほしい」と言ってくる人もいますし、待ってほしいと伝えても待ちきれない人もいます。

そういった患者の対応をしなければならないことにストレスを強く感じることもありますし、なかなかこちらの考えが伝わらないことも多くあるので、イライラすることも少なくありません。

精神科病院の看護師のデメリットは、精神科疾患特有の症状への対応に感じる大きなストレスであると言えます。

精神科病院の看護師のデメリットーキャリア編

精神科病院の看護師のデメリット、キャリア面から考えると、精神科で長く経験を積むと、一般診療科には戻りにくいということが言えます。

精神科病院では、一般診療科の病院で使うようなスキルをほとんど必要としません。

逆を言えば、スキルがなくても働くことができると考えられてしまいます。

ですので、精神科病院での経験が長くなると、他の病院へ転職しようとしたときに、キャリアとして換算してくれないといった事態にもなりかねません。

精神科でキャリアアップしていくと決めていればいいのですが、まだ他の診療科も経験したいという人には、キャリア面ではハンデになってしまいます。

精神科病院の看護師のデメリットは、精神科1本でに絞らないとキャリアアップがしにくいことだと言ってもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

精神科病院で働くことのデメリットについて、イメージすることができたでしょうか?

精神科看護も面白いのですが、やはりこういったデメリットも考えられるので、転職時にはきちんと考えて判断したほうがいいでしょう。

精神科病院の看護師のデメリットについて気になった方は、看護師転職サイトに相談してみると良いでしょう。

実際に働いている人がどのように感じているのか、転職時にデメリットを感じなかったのかなど、具体的な話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る