精神科病院は、30代の看護師にとって働きやすいって本当?

ライフステージの変化が多く、人によって働き方が大きく異なる30代。それは看護師も例外ではありません。

結婚や出産で職場を変える人も多くいますが、精神科病院は30代看護師にとって働きやすい職場なのでしょうか?

精神科病院で勤務した経験から、実際はどうなのかをお話ししてみたいと思います。

働き方が多様化する30代

30代は、ライフステージが変化するタイミングが多くあります。

結婚や出産、育児に加えて、場合によっては親の介護をする人も出てくるかもしれませんね。

そういったタイミングで、家庭と仕事の両立のために転職をするという人も少なくありません。

パートや時短でも働ける職場や、通勤に便利な職場、保育所のある職場など、両立しやすい条件のそろった職場を選ぶことが、30代の看護師には増えてきます。

また、それと同時に、自分のキャリアについて見直すタイミングでもあります。

家庭と両立しながらでもキャリアアップを目指すのか、必要な稼ぎが得られるくらいの、ほどほどのラインで働くことを選ぶのか。

専門分野を極めるのか、それにこだわらず働きやすい職場を選ぶのか。

ライフステージの変化やキャリアの選択肢での悩みを抱えるのは、30代の看護師の大きな特徴と言えるでしょう。

精神科病院は30代の看護師に向いている?

精神科病院へ看護師が30代で転職することは、そんな悩みに適した選択肢なのでしょうか?

精神科病院の特徴のひとつは、残業が少なく、定時で上がれることです。

これは、育児や介護をしなければならない人にとっては大きな利点であると言えるでしょう。

院内保育所はないところもありますが、定時で帰ることができれば、子どもの送迎にも十分間に合います。

同じ職場で働いていた育児中の方は、時短制度を使わずにフルタイムで働いていましたが、それでも余裕があったようです。

また、精神科病院での勤務は、他の病院や施設に比べて体力的な負担も少ないことも、特徴の一つです。

家庭と仕事の両立には体力が要りますので、仕事だけに全力を注ぐわけにはいきません。

そういった面でも、精神科病院の働く環境は30台看護師にとってメリットとなるでしょう。

精神科病院に看護師が30代で転職することは、家庭と仕事の両立をしやすくするための環境を整えるために良い選択肢であると言えるのではないでしょうか。

精神科病院で30代看護師が働くことのデメリットは?

精神科病院に看護師が30代で転職することは、メリットがあるとお話ししてきました。

では次に、デメリットとなる点について見てみたいと思います。

30代は、ライフステージの変化が多くなると同時に、キャリアについて見直す時期でもあると最初にお話ししましたが、精神科を選ぶということは、大きなキャリアの変化を意味します。

精神科病院と一般診療科の病院は、特徴が大きく異なります。一般診療科で必要とされていたスキルは、精神科では必用としないことがよくありますし、その逆もあります。

精神科でのキャリアは、一般診療科に戻ろうとしたとき、経験年数として見てもらえない可能性もあるのです。

働く分野にこだわりがない、あるいはこれからは精神科でキャリアを積んでいきたい、というのならいいのですが、他の分野でのキャリアを考える人には、厳しい選択肢かもしれません。

精神科病院に看護師が30代で転職することのデメリットとして、キャリアの面で不利になる可能性があるということも、転職の際には念頭に置いておいたほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

精神科病院で30代看護師が働くことについて、理解していただけたでしょうか。

キャリアの点で悩む方も多いかもしれませんが、精神科病院は家庭との両立はとてもしやすい職場です。

転職するのであれば、選択肢のひとつとして考えてみてもいいのではないかなと思います。

もし少しでも精神科に関心があったり、迷ったりしているのなら、看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

実際に家庭との両立のために転職した人など、現場で働く人の話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る