精神科病院の看護師、給料はどのくらい?

精神科病院の看護師の給料はどのくらいか、やっぱり気になりますよね?

転職する上で気になるの項目のひとつが、給料がどのくらいかという点ではないかと思います。

私も実際に精神科病院に転職するときは、給料は実際にどうなのか、かなり気になりました。

転職してみて他の病院と比べてみた感想や、働いたときの業務量と比較してどうなのかなど、精神科病院の看護師の給料の実際について、お話ししてみたいと思います。

精神科病院の看護師の給料って安いの?高いの?

精神科病院の看護師の給料は、他の職場も経験した立場から見ると、あまり高くはないというのが現状ではないかと思います。

基本給そのものも比較的安めではありますし、手当も夜勤手当や職務手当といったものくらいで、特別なものはありません。

夜勤手当がないと、金額としては正直厳しいかな…というのが正直な感想です。

しかし、私の職場は賞与が充実していたこともあり、年収ベースで考えれば450万円前後と一般的で、そこまで悪くはないものです。

小さな診療所やクリニックなどと比べれば、むしろ良いくらいではないでしょうか。

精神科病院の看護師の給料は、特別高くはないけれど、一般的な収入は望めるというくらいのものと理解していただいて良いのではないかと思います。

精神科病院の看護師の給料、仕事量と比べてどうなの?

精神科病院の看護師の給料は実際にはどのくらいのものなのか、イメージがついたかと思います。

では、現場での仕事量と比べると、その額は適正なのか、それとも低く感じるのか、その点をお話ししたいと思います。

精神科病院での仕事内容は、他の診療科に比べると忙しくはないと思います。

精神科医療は、いわゆる医療処置は普段から少なく、また身体的な急変が起こることも少ない現場です。

記録などの業務を除けば、基本的に行うことは患者とのコミュニケーションです。

精神症状を持った患者さんと接することは、それなりの緊張感はありますが、身体的な負荷は少なく、休憩が取れずに走り回るようなこともありません。

残業も少なく、ほぼ定時で上がれます。

医療の現場として考えれば、仕事内容は楽な方といってもいいくらいの内容です。

精神科病院の看護師の給料は、仕事内容と併せて考えれば妥当な金額であると言えるでしょう。

精神科病院の看護師の給料、昇給する可能性は?

精神科病院の看護師の給料について、最後は昇給する可能性があるのかどうかについてお話ししてみます。

昇給は、年1回など職場で定められたものはありますが、大幅な昇給は望めないと思っておいて良いと思います。

昇給に関しては職場によって違うので一概には言えませんが、大学病院などのように大きく上がっていくことは期待しない方がいいかもしれません。

職場によっては、認定看護師などの資格を取ると、その分の評価をしてくれるかもしれません。

しかしそれも確実ではありませんので、確認をしておいた方が良いでしょう。

精神科病院の看護師の給料は、精神科病院全体を見るとそのような傾向が多いように感じます。

ですが、経営状況の良い病院であれば、また違った待遇もあるかもしれません。

その点も、転職の際に可能であれば確認をしておくと良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

精神科病院の看護師の給料について、イメージができたでしょうか?

精神科病院への転職で大幅な年収アップを望むことは難しいかもしれませんが、仕事内容と併せて考えれば、決して悪くはない額ではないかなと思います。

精神科病院の看護師の給料について気になった方は、看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

実際に働く人が、自分の給料に対してどのように感じているかなど、リアルな話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る