精神科病院の看護師に向き不向きってあるの?向いている条件は?

看護師の仕事と一口にいっても、診療科や職場によって特性などが大きく違います。

その人自身の性格や能力、価値観などによって、向いている人と向いていない人が少なからず現れるのも事実です。

では、精神科病院の看護師の場合は、どのような人に向いていて、どのような人には不向きなのでしょうか。

実際に精神科病院で働いた経験をもとに、お話ししてみたいと思います。

精神科病院の看護師に向いている人はこんな人!

精神科病院の看護師の向き不向きについて、まずは向いている人はどのような人なのかについて考えてみましょう。

精神科病院は、あまりバタバタせず、基本的にゆったりとしたペースで仕事が進むことが多いです。

そしてその分、他の診療科と比べると、患者さんとじっくり話す機会が多いのも特徴です。

そのことから考えると、精神科病院の看護師に向いている人は、人とコミュニケーションをとることが好きな人がまず挙げられます。

長い時間話を聞くことや、話を聞かずとも患者さんと長時間向き合うことに抵抗を感じない人は、精神科病院でやりがいを持って働くことができるでしょう。

また、器具や針などを使った細かい作業や機械操作が苦手、という人にも向いていると言えます。

精神科病院ではそのようなスキルはあまり必要としません。採血や点滴といった基本的な技術は必要ですが、それでも他の診療科に比べれば、その機会は少ないです。

あまり器用な方ではないと思っている人や、細かなスキルを身につけることに難しさを感じている人には、精神科の看護師が向いています。

精神科病院の看護師の向き不向きは、コミュニケーションへに対する考え方とスキルを身に付けたいかどうかが、ひとつのポイントと言えるでしょう。

精神科病院の看護師に不向きな人はこんな人!

精神科病院の看護師の向き不向きについて、次に向いていない人について考えてみましょう。

先ほど少しお話ししたように、精神科病院の看護師の仕事は、比較的時間に余裕があります。

急変などがなければ、午後は患者さんと話して過ごすことがほとんどだった、ということもあります。

これが苦痛でなければいいのですが、外科などのように物事がスピーディに進んで行く現場を好む人には、精神科病院はあまり向きません

精神科病院でも、急性期の患者さんを受け入れている病棟であればスピード感を求められることもあるのですが、慢性期だとそのような場面は少ないです。

のんびりとした空気感に物足りなさを感じる人は、精神科病院はやめたほうがいいかもしれないです。

また、精神科病院の患者さんは統合失調症などの重傷例であることが多く、コミュニケーションがうまく取れない人も少なくありません。

病気の症状で妄想や幻覚に支配されていることもあり、こちらの常識で話しても通じないこともよくあります。

患者さんが話しかけてきたりするために、思い通りに仕事が進まないということだってあります。

そういった患者さんの状況にイライラしてしまったりする人は、精神科病院はやめておいたほうがいいでしょう。

看護師なのだから、患者さんにイライラするなんてありえないと思う人もいるかもしれません。

けれど、どう関わっても患者さんの対応が変わらない、こちらの意図が伝わらないというのは、思っているより負の感情を抱いてしまうものです。

そしてそれは、自分に余裕の持てない人ほど、そのようになってしまう傾向にある気がします。

精神科病院の看護師の向き不向きは、いかに自分に余裕を持つことができるかというところにあると言ってもいいかもしれません。

精神科病院の看護師へ転職するのにミスマッチを防ぐには?

ここまで、精神科病院の看護師の向き不向きについてお話ししてきました。

これらのポイントを考えて、自分では向いていると思って入職しても、実際に働いてみたら違っていたということもあるかもしれません。

そこで、転職する際にどうしたらミスマッチを防げるかについて考えてみましょう。

まずひとつのポイントは、事前に現場の雰囲気を知っておくということです。

職場によっては、面接時に病院見学をさせてくれるところがあると思います。

そういう機会があれば、ぜひ積極的に利用しましょう。

病棟内に入れば、どのような患者さんがいるのかを知ることができます。

病棟がどのような雰囲気か、働いている看護師がどのように対応しているかも、少しですが見ることができます。

ただの見学と思われるかもしれませんが、一般診療科と精神科病院の病棟は雰囲気が全く異なります。

初めての人は特に、実際の現場を見ておいたほうがいいでしょう。

そしてもうひとつのポイントは、精神科の中でもどのような分野に携わりたいかを面接のときに話しておくことです。

精神科と言っても、急性期と慢性期、あるいは認知症専門、思春期専門、などと特性があります。

どんな関わり方をしたいのか、どんな看護をしたいのかなどを、面接のときに話しておくと良いでしょう。

実際にどこに配置されるかは、病院の状況次第なので思い通りにはいかないかもしれませんが、話しておけば考慮してもらえる可能性はあります。

また、その考えに対して、面接担当の人が実際はどうなのか答えてくれることで、精神科病院への認識が改められることもあります。

自分の認識と現場での事実をすり合わせる機会を持つことが、ミスマッチを防ぐことにつながるのです。

精神科病院の看護師の向き不向きというものの差は、事前に現場を知る過程を経ることで小さくできるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

精神科病院の看護師の向き不向きがどのようなものか、理解することができたでしょうか。

精神科病院は特徴的なだけに、向き不向きがはっきりしている診療科のひとつであると言ってもいいかもしれません。

もし精神科病院に転職しようと思っていて、自分が向いているかどうか気になるという方は、看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

実際に働いている人がどう思っているか、向き不向きはどのようなところにあるのかなど、話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る