精神科病院の看護師って、新卒で入るとどんなことがある?キャリアへの影響は?

看護師にとって、新卒でどの病院に就職するのか、またどの部署に配属になるのかは、非常に重要なことであると言えます。

そんな中で、新卒で精神科病院に入ることは、キャリアとしてはいいことなのでしょうか。

精神科病院の現状や、実際に働いている人の声を踏まえながら、精神科病院に新卒で就職することについてお話ししてみたいと思います。

精神科病院に新卒で就職する人はいるの?

精神科病院の看護師、新卒で入る人がいるのかどうかについて、まずは話してみたいと思います。

私のまわりにいる看護師や自分の体験、あるいは実際に働いた精神科病院の現状を見てみると、新卒で精神科単科の病院に就職する人は非常に少ないという印象です。

多くは複数の診療科がある総合病院や大学病院に就職してから、転職して精神科に来たという人がほとんどです。

新卒で精神科を希望して入職したという人もいましたが、かなり稀です。

総合病院などでも、新卒で精神科へ配属されることは、経験上あまりないと思います。

精神科病棟に看護師が新卒で入ることは、かなり珍しいと言っていいでしょう。

精神科病院、新卒で就職したらキャリアにどんな影響がある?

精神科病院に看護師が新卒で入ることは少ないとはいえ、全くいないわけではありません。

では、新卒で精神科病院に就職すると、キャリアにはどのような影響があるのでしょうか。

キャリアへのもっとも大きな影響としては、精神科で何年経験を積んでも、一般診療科の病院に行くと経験として加算してくれないということでしょう。

精神科では、一般診療科で経験するような手技を学ぶ機会が少ないです。

学べたとしても、採血や点滴、酸素の取り扱いなどでしょうか。

それも、頻度は病棟によってかなりの差があります。

また、病棟での動きも一般診療科とは異なります。

忙しさやスケジュールの組み方などが全く違うため、精神科での経験が活かされないことが多いのです。

実際に、新卒から精神科で働いてきた人で、転職しようとしたら全然経験として加算してくれなくて、転職そのものをやめてしまったと話していた人もいました。

精神科病院に看護師が新卒で入ると、一般診療科に転職したらゼロからのスタートになってしまうということが、キャリアにおけるもっとも大きな影響なのです。

精神科病院に新卒で入る「例外」とは?

精神科病院のに看護師が新卒で入ることには、ひとつ例外が存在します。

それは、病院内の進学制度を利用した場合です。

病院の中には、助手として入った人が准看護師や看護師を目指して進学することを支援する制度を持っているところがあります。

精神科病院にその制度があることも珍しくはありません。

その場合、卒業後に准看護師あるいは看護師として、同じ病院で新たに働き始めることになります。

ですので、必然的に新卒で精神科に行くことになり、そのまま精神科でのキャリアを積んでいくというということがよくあるのです。

精神科病院に看護師が新卒で入るパターンとしては、その病院で働きながら進学し、資格を取るということの方が多いと言えます。

まとめ

いかがでしたか?

精神科病院に看護師が新卒で入ることがどのようなことか、ご理解いただけたでしょうか。

新卒でどの病院・診療科に入るかは、看護師にとって重要です。

その重要な期間に精神科にいると、スキルが取得できない可能性が高いばかりか、キャリアに影響することも考えられます。

自分がどのような看護をしたいかをよく考えて選ぶことが重要なのです。

精神科病院に看護師が新卒で入ることについて、気になることがある人は看護師転職サイトや就職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

実際に新卒で入った人がいるのか、また入職後のキャリアなど、詳しい話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る