精神科病院の看護師になったら、どんなメリットがあるの?

転職しようと思ったとき、その職場で働くメリットは誰もが気になるところではないかと思います。

ライフスタイルやキャリアにどのような影響があるのかといった点は、職場を選ぶポイントにもなるでしょう。

では、精神科病院の看護師として働くと、どのようなメリットがあるのでしょうか。

実際に精神科病院で働いてみて感じたことをもとに、そのメリットについてお話しします。

精神科病院の看護師のメリットーライフスタイル編

精神科病院の看護師のメリットは、ライフスタイルにおいては仕事とプライベートの両立がしやすいというところが最も大きいのではないかと思います。

精神科病院の仕事は残業がほとんどなく、定時で帰れます。

入院病棟があるので夜勤はありますが、もちろん家庭の状況に応じて勤務形態を変更することはできますし、家庭などプライベートを重視したいという人にはいい環境です。

また、業務内容も体力を駆使するようなハードなものではないので、疲れ切って帰宅するなどといったこともありません。

精神科病院の看護師のメリットは、仕事に生活を左右されず、自分のペースを大事にできるところと言ってもいいかもしれませんね。

精神科病院の看護師のメリットーメンタル編

精神科病院の看護師のメリット、メンタル面においては、緊迫度が低いために精神的負担が少ないところが挙げられます。

一般診療科だと、急変や緊急入院など切迫した場面で正確な仕事が求められるということが少なくないと思います。

精神科でも、もちろんそういったことがないわけではありませんが、一般診療科のように一刻を争うような場面は稀ですし、生死に関わるようなことも多くはありません。

入院している精神科の患者さんは、体の病気はあまりないので、基本的にはゆったりと過ごしています。

それに合わせて、看護師の仕事も比較的ゆったりと進むことが多いです。

精神科病院の看護師のメリットは、精神的なプレッシャーが少なく、のんびりと働けるところなのです。

切羽詰まる場面に疲れた人には、おすすめの環境と言えるでしょう。

精神科病院の看護師のメリットーキャリア編

精神科病院の看護師のメリットは、キャリアの面にもあります。

それは、認定看護師や専門看護師などの資格があったり、精神科の中でもさまざまな分野があることから、精神科看護師としてのエキスパートを目指せることです。

精神科と言っても疾患はさまざまで、アプローチ方法もいろいろとあります。

精神面へのアプローチを学ぶということは、看護の基本を見直すことにもつながりますので、もしも他の分野へ転身したとしても活かすことができるでしょう。

ただし、一旦精神科の道に進んでしまうと、一般診療科で必要とするスキルを使わないので、忘れていってしまいます。

一般診療科へ戻ることを考えているなら、スキル面では、精神科病院で働くことのメリットは少ないかもしれません。

しかし、患者さんとの対話を深めていくことやコミュニケーションスキルを学ぶことは、看護師としての仕事に深みを増してくれます。

精神科病院の看護師のメリット、キャリア面においては、自分自身の看護を深く追求できるということだとも言えそうです。

まとめ

いかがでしたか?

精神科病院の看護師のメリットについて、考えてみることができたでしょうか?

精神科病院も、病棟によって特性が異なります。その特性によって経験できることもさまざまですが、患者さんと接する中で学べることはたくさんありますので、何らかの形でプラスになるでしょう。

精神科病院の看護師のメリットについて気になった方は、看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

実際に働く人が、どのようなところにメリットを感じているのか、具体的な話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る