精神科病院の看護師は40代でも働きやすいってほんと?

40代の看護師が転職を考えたとき、気になるのは体力面や仕事内容、ブランクがあっても働けるかどうか、といった点ではないかと思います。

楽な職場と思われることの多い精神科ですが、40代の看護師にとって働きやすい職場なのでしょうか。

実際に精神科の現場で働いて感じたことなどを交えながら、お話ししてみたいと思います。

精神科病院は体力がなくても働ける!

精神科病院の看護師に40代で転職することについて、まずは体力面から考えてみましょう。

40歳を超えてくると、多かれ少なかれ体力の低下を感じる人が増えてきます。

介護施設など体力を使う職場や、座る暇もないような忙しい病院などでは、働き続けることが難しいと感じる人も少なくないようです。

精神科病院では、40代の方でも比較的疲れを感じることなく、余裕を持って働いている方が多かったように思います。

精神科病棟は、日中でもバタバタと動き回るような仕事内容は多くありませんし、座ってゆっくり患者さんと話すという時間もあります。

入浴介助など、多少体力が必要な場面もありますが、体感としては他の職場より負担は少ないです。

夜勤もありますが、患者さんは状態が落ち着いていれば静かに寝ていますので、業務に追われることもありません。

精神科病院の看護師は40代にとって、体力的に楽に働ける職場であると言ってもいいと思います。

精神科病院はブランクがあっても復帰しやすい

精神科病院の看護師に40代で転職することについて、次にブランクという点から考えてみます。

30代後半から40代にかけて、子育てがひと段落して再就職するという人も多いと思います。

ブランクを経ての再就職では、久しぶりの仕事に対する緊張や、知識やスキル面の不安など、心配なことがたくさんあることでしょう。

精神科病院は、その点も比較的安心できる職場です。

身体への処置や検査などは少ないですし、看護内容も投薬とコミュニケーション、日常生活の援助がメインとなりますので、高い知識やスキルはなくても大丈夫です。

精神科疾患の患者さんと接するのは、少し難しく感じるかもしれませんが、慣れればコツをつかむことができます。

精神科病院の看護師は、40代でブランクがあっても働きやすい職場と言えるでしょう。

精神科病院は家庭との両立もしやすい

精神科病院の看護師に40代で転職することについて、最後に家庭との両立という点から考えてみましょう。

40代というと、まだ子育て中であったり、親の介護が必要になったりと、家庭に力を注がなくてはならない場面もまだまだ多いのではないかと思います。

転職時に、家庭に必要な時間を確保できることを必要な条件に挙げる人もいるでしょう。

そういった点でも、精神科病院は働きやすい職場であると言えます。

精神科病院は、夜勤はありますが、残業はほとんどなく定時で帰ることができます。

シフト制になりますので、クリニックなどと比べると予定は立てにくいかもしれませんが、日々の家庭に費やす時間は確保しやすいでしょう。

また、先ほどもお話ししたように、体力的にも他の職場と比べて負担が少ないので、家庭のことをする余裕も持ちやすいと思います。

精神科病院の看護師は40代にとって、時間・体力の面から見て、家庭と仕事を両立しやすい職場なのです。

まとめ

いかがでしたか?

精神科病院に転職することや働きやすさについて、イメージすることができたでしょうか。

精神科病院では、40代以上の看護師も多く活躍していますので、どの年齢でも長く続けやすい職場なのではないかなと思います。

もし精神科病院への転職について気になったら、看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

現場で活躍する40代看護師の方など、具体的な話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る