精神科病院の看護師は、どんな志望動機で入職するの?

精神科病院の看護師の志望動機についてが今回のテーマです。

身体を見る一般科とは、少し異なった印象を持ちやすい精神科病院。

なかなかイメージが湧きにくく、働くのに抵抗があるという人もいるかもしれません。

そんな精神科病院で働く看護師は、どのような志望動機で入職したのでしょうか。

実際に精神科病院の現場で働いた経験をもとに、精神科病院の看護師の志望動機について、お話ししてみたいと思います。

精神科病院の看護師の志望動機①患者と深く関わりたかったから

精神科病院の看護師の志望動機は、まずひとつは患者と深く向き合いたいという看護への意欲です。

一般診療科では、日々の処置や業務に追われて、患者1人1人となかなか向き合えないという現状があります。

じっくりと患者と関わりたいと思っても、それができずに入院期間を終えるということも多いですよね。

しかし、精神科病院では、対象となる患者が抱えている疾患は精神科疾患です。

一般診療科とは違い、患者とじっくり関わることが必要とされてきます。

長い入院期間の中で、受け持った患者と長くじっくり関われる精神科病院の看護師。それが精神科における看護の醍醐味とも言えるでしょう。

また、患者の精神状態に寄り添うということは、一般科・精神科問わず、看護の基本であるとも言えます。

精神科病院の看護師の志望動機になっている患者への思いは、看護と真摯に向き合っているからこそ感じるものとも言えるかもしれませんね。

精神科病院の看護師の志望動機②高度なスキルが必要な現場を離れたかった

精神科病院の看護師の志望動機2つ目は、高度なスキルを必要とする現場を離れたかったという仕事内容への考えがあります。

一般診療科では、外科病棟や救急病棟などをはじめとして、毎日緊張感に包まれている現場が多いのは、多くの人が実感していることではないかと思います。

そのような緊張感に疲れてしまい、ゆっくりとしたペースで働きたいと考える人が、精神科病院を選ぶことも少なくないようです。

実際に働いてみると、たしかに精神科病院は急変が起こることも比較的少なく、処置などもあまりないため、のんびりとした雰囲気の中で仕事ができます。

精神科病院の看護師の志望動機は、自分にあった働き方のペースを探したいという自分らしさを求めた結果とも言えます。

精神科病院の看護師の志望動機③定時で上がれる職場が良かった

精神科病院の看護師の志望動機3つ目は、定時で上がれる職場で働きたいというプライベートを重視のものです。

大きな病院だと、残業が多かったり、委員会や勉強会が業務終了後に行われていたりなど、なかなか定時には帰れないこともしばしば。

しかし、精神科病院は定時で上がれることが多いです。

勉強会などは業務時間外に行っていることもありますが、残業は少ないため、その分早く帰宅することができます。

精神科がなぜ残業が少ないかというと、急変などが比較的少ないために、予定外の仕事が発生することがあまりないからです。

1日の業務の見通しも立ちやすく、帰宅時間の目処が立ちやすいのが、精神科病院で働くメリットとも言えます。

精神科病院の看護師の志望動機は、そういったワークライフバランスを重視したいという理由であることも少なくないのです。

まとめ

いかがでしたか?

精神科病院の看護師の志望動機について、わかっていただけたでしょうか。

精神科病院を希望すると話すと、もったいないと言われることもありますが、精神科病院には精神科病院の仕事の良さや働き方へのメリットもあるのです。

精神科病院の看護師について、気になった方は看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

実際に働く看護師が、どのような志望動機で入職したのか、話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る